返済遅延

返済の遅延について

遅延について

キャッシングの返済を延滞してしまった場合について説明します。返済日に返済できなかった場合というのは、単純にお金がなかったり、返済用の口座にお金を入れるのをうっかりと忘れてしまうなど、様々なケースがあります。
ですが、どんなケースであろうと、遅れた事には変わりなく、延滞したという記録が残る事になります。
この記録というのは、個人信用情報というのに記録されますので、将来的にキャッシングなどを新たに利用する際には、審査で見られる情報となります。
こういった延滞などを積み重ねますと、それだけ情報が記録されますので、新たにお金を借りようとしても、利用できなかったり、あまり有利な条件では貸してくれないです。

 

延滞をしますと、その分多くのお金を返済する事になりますので、うっかりミスというのは無くしたい所です。それと、返済できない事がわかっている場合は、借りている業者に相談をして見る事も方法の1つです。返済日をずらしてくれたり、新たな返済計画の相談にも応じてくれますので、一人で悩まずに行動するのも大切です。